フライアーパーク 出演レポ

2018.02.24 Saturday

あ〜、また更新するのが遅くなってしまった!

 

2月6日は2018年フライアーパークでの歌い初めでした!
共演は竹内亜紗子さん、大島夕采さんのお二人で、裏タイトルが「ムーディー会」なのでした(一人で勝手に騒いでたらお二人が拾ってくださった)。
書きたいこと多すぎて駆け足気味のレポですが、少しだけお付き合いください!

 


セットリスト⭐️2/6
1. 碧い鳥
2. プレデター
3. ラブレター ←new!
4. リゲル
5. レグルス ←new!
6. ポカリ飲みたいな ←new!?
7. 狐の嫁入り

 

私の出番は20:30から、この日のトップバッターを務めさせていただきました!

一番最初に演奏するとその後ゆっくり共演の方の演奏が楽しめるので、結構好きなんですよね。前の方の演奏に影響されてセットリストや奏法を変えるのも楽しいのですが。

1曲目は「碧い鳥」。1st mini album『nona #』の収録曲の中でも演奏するのがとても珍しいので、今回聴けた方はラッキーです! リクエストくださった方に感謝🐣
当日はギターの鳴りが良く、シールドも新調していつもより空気感のある音が出たように思います。フライアーパークの音はいつも気持ちが良くて自分の歌が上手くなったんじゃないかと勘違いしてしまうのですが(前にも言いましたね)、この日はギターを鳴らすのがとにかく楽しかったです! この感覚があると数週間で新しい奏法覚えたりするのでこれからが楽しみ。

 

そして、2曲目の「プレデター」。こちらはMC付きの演奏動画があります!

 

なんでこんなものを貼ったかというと、

実は……この「プレデター」にアンサーソングができたからなのです!!

 

そう、この日1つめの新曲「ラブレター」! 韻踏みまくってますね!

 

実はこの曲は昨年の作詞フェスで知り合ったタディーさんという方が「プレデター」を原作に詞を書いてくださり、私がそれに作曲をして共作させていただいたものなのです。タディーさんありがとう〜!
それぞれプレデターを呼びたい女の子(プレ呼び子ちゃん)と、その子を救いたい男の子(あだ名募集中です)視点での2曲となっています。ラブレタ男くん(仮)はプレ呼び子ちゃんのクラスメイトで、いつも一人で憂い顔のプレ呼び子ちゃんに片思い中の設定だそうです。サビ頭の「行くぜ Shooting star」とか……なかなかに中二発想な大気圏ワタルくん(仮)、歌詞が進めば進むほどその恋の行方が気になる作品に仕上がりました!

 

 

4曲目の「リゲル」は先月の円山夜想以来、ライブでは2度目の演奏となりました。紹介する時に「準新作」という謎のパワーワードが飛び出してしまったのでみなさまもお使いください。だいたい初演から2〜3ヶ月くらいは準新作ですかね。新曲書きすぎて紹介がいつも新曲だらけになるので、その日初めて演奏したものだけを新曲と言うことにしています。


リゲルはオリオン座の中で一番明るい星で、5曲目に演奏したこの日ふたつめの新曲「レグルス」もまた、獅子座の一等星の名前なんです。この曲のタイトルは、昨年1月のカラフル・スマイルで出会い2017年の音楽活動を支えてくださった応援隊長のガトーさんにつけていただきました。1月の円山夜想のライブ後に「もうすぐ一年だから何か書きます! タイトルください!」と言ったところ、すぐに3つほど候補が送られてきまして……見事に全て、星の名前でした。

ガトーさんは日頃から「ベガ」も好きと言ってくださっていて、きっと星が好きなのだろうなと思っていたので、今回はあえて曲調や歌詞をベガとは別の方向に振ってみました。気に入っていただけてよかったです! これからもよろしくお願いしますね。


きまぐれにリゲルの演奏動画もぺたり💫

 

たくさん曲をやりたいからと駆け足気味にMCを行い(当社比)、残すところあと一曲となったところで……なんと、時間が余りました!
すると会場から不意に「ポカリ」というワードが飛び出し、急遽初演となった6曲目「ポカリ飲みたいな」。

不定期で行っているツイキャスでは密かに鉄板ネタとなっており、会場の一部がユニゾンで参加するというまさかの事態に。音源化の予定はないので、気になる方は私のツイキャス配信をチェックしてみてくださいね。結構頻繁にやります。笑

 

ラストは「狐の嫁入り」。1月に作間さんと演奏した「サディスティック生娘 ver.」を経て、また弾き語りの旧来バージョンに戻ってきました。ラストにやるとシマる曲だな〜というのが最近の印象です。共演の亜紗子さんにも良かったと言っていただけて嬉しかった。まだまだ化けそうな曲ですね。狐だけに!


次の演奏動画が上がるまで(?)、こちらもyoutubeに置いておきます。

和気藹々なMCが見られる貴重な映像です!

 

自分の出番が終わると、あとはゆっくりお二人の演奏を聴くのみ。竹内亜紗子さんの「幸せのナイフ」と大島夕采さんの「カフェオレ」が沁みました。欲しかった夕采さんのCDも手に入れられて嬉しい。私はお二人の声も演奏も作る曲も大好きなのですが、自分の中にないタイプの引き出しを持っている方にどうしても惹かれてしまうんですよね。自分があの声だったら、全く別の音楽をやっていただろうなって時々思います。


2年ほど前までは「誰が作っても良い音楽(=誰が歌ってもいい音楽)」を目指していたところがあって、むしろ自分が歌うことで価値が下がるとすら思っていたのですが……昨年「狐の嫁入り」を書いてから、この曲だけは自分以上にしっくりくるボーカリストが想像できなくて、なんとなくそのことが心の支えになっているなと感じるようになりました。私は人に自分の居場所を取って代わられるのがとても嫌いだし、他人と同じ服を着て自分のほうが似合うだなんて到底思えない。だから作って歌うんだな。曲は私の居場所とか足場で、足元にたくさん散らかして、そのスコアの上を自由に歩いている時が一番安心して生きていられるんだなって思います。だから上手く歩けなくなってくるとどうしていいのかわからなくて、まるで5歳児のように駄々をこねてしまいます……。

 

演者として初めてフライアーパークのステージに立たせていただいたのが去年の2月14日。もうはや1年が経ちました。その間に出演させていただいた6回は毎回素敵な出会いがあり、自分の成長を実感できる大事な場所でした。宗形さん、素敵な機会と場所を本当にありがとうございます。そして共演の亜紗子さん、りさちい(って呼びたくなっちゃった)、お名前挙げきれませんが当日会場にお越しくださったみなさま、素敵な夜をありがとうございました!

 

 

今回のお写真はひんひんさん、動画はタディーさんからいただきました。ありがとうございます!

先週末から体調を崩して本当に気が滅入っていたのですが、明日は大好きなtetoの一周年ワンマン。楽しい一日にしたいなって思います! 会場でお会いしましょう〜!

 

コメント
コメントする