MONONOKE MUSIC LIVE 出演レポ

2017.10.08 Sunday

MONONOKE MUSIC LIVEに出演してきました!(実際は2018年に書いている備忘録です)

 

よりiどこオノベカでの「妖怪縁日」というイベントの一環として開催されたこの妖怪ライブ……ん〜みなさん本当に個性的でした
共演はこやまかすみちゃん、いむいぱぴ子ちゃん、中川。くん、ラオユエさん、ビードロギニョルさん、そして主催のモノノケユースケバンドのみなさんでした。ものすごく不思議なイベントだった!

 


セットリスト 10/7🍁
1. 狐の嫁入り ←new!
2. ブリキの城
3. 碧い鳥
4. わたしはだあれ ←new! ※即興演奏
5. 羊を数える

- - - - -

 

珍しくガットギターで舞台に立ちました。YAMAHAのを1月か2月に手に入れてからライブで使うのは2度目だったかな。また、この日は1年ぶり2度目の即興演奏も披露しました。2に縁のある日だな。

 

この日は妖怪ライブということで、出演条件は「妖怪ソングを1曲持ち寄ること」。

 

私が書いていったのは「狐の嫁入り」という新曲。普段妖怪ソングは書かないし、歌わないしからどうなることかと思ったけど、なんだかんだ本番の1ヶ月前にサクッとできちゃいました。それが当日もかなり好評で、その後色々なライブに持ち歩いています。老若男女問わず「ラットゥルラットゥル」が頭から離れないんだとか。覚えやすいのはいいことだ。曲の内容や狐というモチーフについての思い入れはまた別の機会にお話しできたらと思います。

 

 

当日は音楽部門のベストドレッサーをいただきましたよ(そんなのあるなんて知らなかった)。

また、本番中のMCでモノノケユースケさんから妖怪"忘れ狐"というお名前もいただきました。人間に化けて生活するうち、自分が狐であることを忘れてしまったという設定だそうです(実際は曲順もろもろを忘れて大変でした)。この日は赤いアイシャドウと口紅という普段の生活から考えるとかなり濃いめの舞台用メイクだったのですが、それが思った以上に自分の顔立ちに合うことが判明したので最近は私生活へも転用しています。世の中やってみないとわからないことがたくさんあるなぁ。

 

 

モノノケユースケバンドでの渡辺義人さん・和田公平さん・オーノキヨフミさん・舞踊のikuraさんとのセッション風景。めちゃくちゃ楽しくて、そのまま3時間くらい演奏し続けたら何か新しい扉が開きそうな予感がしていました。また機会があればご一緒させていただきたいなぁ。

 

 

左からコニシユカ、こやまかすみちゃん、いむいぱぴ子ちゃん。二人とも土岐さんのフェイスペインティングを受けていて羨ましかった。当日はバンドのリハもあり描いてもらう時間がなかったのです。また、お写真がありませんがモノノケユースケ×いむいぱぴ子×コニシユカで妖々娘(ようようむすめ)というユニットを結成し、コラボ曲「猫娘の憂鬱」も披露しました。ぱぴ子ちゃんの猫娘良かったな〜。

 

サラッとレポを書いていますが、私はこのライブの後しばらく妖怪の世界から帰ってこれなかったし、自分が人間であることを完全に忘れて制作に没頭していました。自分ではない何か、それも人ではない何かになるという体験は、思った以上に自分の魂と相性の良いことがらのように思えました。今後もことあるごとにこのライブを振り返るんだろうな〜と思いつつ、今日のところは筆を置きたいと思います。

 

当日は開場・開演の時間が大幅に遅れたり機材トラブル等で足を運んでくださった方々には大変ご迷惑をおかけいたしました。そんな中でも、できる限りラストまで楽しもうと残ってくださった方が多く、本当に頭が上がりません。ありがとうございました! 世紀の珍イベント、楽しんでいただけたなら幸いです。

 

最後に、今回妖怪ソングを披露した出演者の方々のお写真を1枚ずつ貼っていきます!

 

こやまかすみ with なゆた

 

いむいぱぴ子

 

中川。バンド

 

ラオユエ

コメント
コメントする