東京ワンマン3 出演レポ

2017.11.24 Friday

先日の《コニシユカ ワンマンライブ at Custer 2017 冬編》にお越しくださった皆さま、ありがとうございました!

会場は3度目となる文京区湯島のライブカスターさん。実はライブの翌朝起きたら記憶がちょっと飛んでまして、拾い集めながら書いたのでいつもより読みにくいレポになってしまうと思いますが…お付き合いください!



セットリスト 11/18 -----

第一部
1. flower
2. マリー
3. 狐の嫁入り
4. ほたるぶくろ
5. 声

第二部
6. メビウス
7. L
8. サテライト
9. 脳内会議
10. 羊を数える

encore. ベガ

※6〜8 Aqualibra(vo.ゼニ)

-----

第一部のテーマは「花」でした。
先月作った「flower」と「マリー」「ほたるぶくろ」の3曲を軸に、東京では初めてとなる「狐の嫁入り」と「声」を演奏しました。私の中でこの5曲はとても近しいテーマなのですが、こうして一度に演奏できたのは今回だけの特別なことのように思います。



開演前にいただいたお花と羊のぬいぐるみピアノの上に飾り、舞台美術もバッチリ!
他にも差し入れでいただいたお菓子がお花の形になっていたり、青いハーバリウムをいただいたりと、花に恵まれた一日となりました。



先月の妖怪ライブ用に書き下ろした「狐の嫁入り」は東京の皆さまにも気に入っていただけたようで、まだまだ妖怪タイムは続きそうです。今回の演奏から間奏で更におかしな変拍子を導入して、初見の方には辛いかと思いきや……皆さん揃って狐につままれてくださいました。
さっき「東京でも狐が一番人気でした」と妖怪ライブに呼んでくださったモノノケユースケさんに報告したところ「江戸の風土に合ったんだね!」という言葉が返ってきて妙に納得してしまいました。そうか私は江戸に行っていたのですね。今後とも蝦夷の忘れ狐(私の妖怪名)をよろしくお願いいたします。

第一部の最後を飾る「声」は、東京では初となるピアノ弾き語りでした。しかも、カスターさんのグランドピアノで……幸せ。この曲は7月に発表した2nd mini album『underblue』の収録曲ですが、実は昨年12月に同じアルバムに収録した「missing blue」、4月に「青の底で眠る」を演奏していて、前々から伏線を張っていたんです。
これらの楽曲が十年来の友人である森瀬ユウさんの小説『独りの青』をモチーフにしていることもその時からお話ししていました。今回ようやく原作小説とCDのセットを東京に持っていくことができ、たくさんの方にお手に取っていただけたこと、本当に嬉しかったです。札幌でも在庫がなくなるまでは物販に並ぶ予定です。残りの部数は少ないのですが、この本とCDが出会うべき人のところへ届くといいなと思っています。



-----

そして休憩明けの第二部は、ゲストボーカルにゼニちゃんを迎えてお送りしました!



彼女とはこの9月からAqualibra(アクアリブラ)というユニットで一緒に活動していて、公式サイトで公開中の「メビウス」「L」、そして新曲の「サテライト」の3曲を演奏しました。本人と会うのも確か2年ぶりで、直前のリハだけでどんな演奏になるかドキドキだったのですが……ギター伴奏のリハを終え、最後にピアノ曲「L」を歌い終わった瞬間のゼニちゃんの一言。

「ピアノやばくない?」



これまでお互い家で録った音源を送り合って制作を進めていたので、私にとって伴奏にギターを使うかピアノを使うかの違いはほとんどありませんでした。特にウェブ公開バージョンの「L」はアコギのソロで始まり、Aメロから入るピアノパートはサビに入るまであまり出番がないのです。それをどちらかの楽器ひとつで伴奏することになった時、私が選んだのはピアノでした。ゼニちゃんの歌と合わせて、それが正解だったことを確信しました。

また新曲「サテライト」は来場者の方限定でmp3のダウンロードコードをプレゼントいたしました。この曲も時期を見て公式サイトで聴くことができるようにしたいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。(歌詞はAqualibraのブログ記事に貼ってあります)

-----

ゼニちゃんとの馴れ初めを話し、3曲を披露して、ソロでのラスト2曲はこの一年半を支えてくれた「脳内会議」と「羊を数える」で締めました。あれだけ出発前に気にしていた腱鞘炎の痛みも忘れ、直感的にやりたい!と思った方向へとアレンジを変えて演奏しました。何か降りてきてました。脳内会議も羊も、本当に今までたくさんのライブを共にしてきた大事な仲間。1年前はライブ前にセットリストを決められず、壁に付箋を貼ってセトリ総選挙なんかもしていましたね。あの頃のことが、もう何年も前のことのように感じています。

そして、アンコールで演奏したのは「ベガ」。
前回の東京ワンマンでご協力いただいたアンケートで、本当にたくさんの方が名前を挙げてくださった曲でした。ちょいと長めなので、普段はなかなか連れて歩くのに勇気がいる曲なのですが……今回はアンコール曲として、時間を気にせず演奏することができました。曲ができてからちょうど1年といったところでしょうか。この曲も、本当にもう何年も付き合っているような感じだなあと思います。

ライブを終えた満足感でなんだか色んなものが体から抜け落ちてしまい、拾いながらレポを書くのに手間取ってしまいました。書き終えた今思うのは、言葉にできることもできないことも、たくさん受け取って帰ってきたということ。たとえ私の体に残っていなくても、ライブに来てくださった方々の中には残っていくということ。そのことが幸せでもあり、切なくもあり、今はまだ上手く言葉にできません。私はミュージシャンなので、いつか音楽にできたらなあと思います。

当日お越しくださった皆さま、そして温かく送り出してくださった北海道の皆さま、関東支部長さまと営業部長さま、カスターのママさんと祝マスター、そして一緒に音楽を奏でてくれたゼニちゃん! 本当にありがとうございました!



最後に今月のライブ情報と、素敵な差し入れ+自分用パンフのお写真を貼ってお別れです!
(左下のうさぎのメッセージカードは「羊を数える」のMVを作ってくださった中内さんから!)

コニシユカでご予約の方には今回の東京ワンマンのパンフレットをプレゼントするので来てね!

-----


◼︎11/24(金) UNIONFIELD
《ガールズNOTE vol.10 〜シフクNOTE3周年特別編&しおりんダイエット企画結果発表〜》
19:30 open 19:50 start
料金:¥2500 (2ドリンク込)
出演:コニシユカ / 橘エリカ / 秋山シオ


◼︎11/26(日) EDiT《第四回 作詞フェス SAPPORO LYRIC FESTIVAL》
12:30 open 13:00 start
料金:前売¥1500 / 当日¥2000 (ドリンクなし) 
出演:コニシユカ / Soul mArk If me ほか

コメント
コメントする