ピカピカのいちねんせい

2017.07.28 Friday

札幌で弾き語りのライブ活動を始めてから、今日で1年になります。

 

昨年の7月28日は3rd single『nona #2』の発売日で、自分で申し込んだ札幌クリエイターズライブという企画ライブに出演していました。あんりなちゃんやマシューくんと初めて会ったのもその日。とても素敵なご縁に恵まれ、その後活動の幅を広げていきました。あれからたった1年しか経っていないというのが信じられなくて、先ほどから目をぱちくりさせています。もう5年くらい経ったような気持ち。


ざっと思い付く範囲でその間に作曲したものをリストにしてみたら、16曲あった。他にもライブで演ってないから忘れてる曲とか、ソロ以外のものを含めるともっと書いていると思う。うち12曲は今年に入ってから書いたもの。絶対ここちあ効果だよね。こんなことを言うと驚かれてしまうかもしれないけれど、ギターを持つことが苦痛じゃなくなったのが一番の収穫。歌に関してはまだ少し抵抗がある。声を張ることにも、演奏中に人の目を見ることにも。そういうことしなくたってステージに立てることを教えてくれたのがここちあの二人で、ずっと一人で音楽を作ってきた自分に奇跡みたいな居場所を作ってくれた大切な仲間です。

かすみちゃん、千秋さん、本当にありがとう。これからもよろしくね!

 

こないだふと思ったのが、弾き語り活動を始めて1年しか経っていないということは、まだ出会って1年も経っていない人たちがたくさんいるってことなんですよね。本当に、もう5年くらい知っているような気がする人の顔ばかり浮かびます。私の記憶の中での空白の5年間が、この1年でびっしり埋まりました。出会ってくださって、ほんの少しでも時間を重ねてくださって、ありがとうございました。

 

私は音源をリリースする度に「早く10年後になれ」と思っています。今出した音源はこの時代に残して、次の10年を迎えに行きたいと思います。その作品がこの世に存在した10年と存在しなかった10年では、信じられないほどたくさんのことが違っているのだと思う。それを信じているから、生きることも創ることも、続けられます。

 

近々いいお知らせがあるから、待っててね!

コメント
コメントする