5th single『リゲル』発売のお知らせ

2018.05.17 Thursday

5/26の東京ワンマン4にて、自主制作CD『リゲル』をリリースいたします。

 

 

コニシユカ 5th single『リゲル』


1. リゲル
2. リゲル (instrumental)

 

 

CD-ROM / 紙ジャケット 
発売日:2018/5/26
価格:500円(税込)
製品番号:YKNS-0007
 
- - - - -

 

お久しぶりの自主制作CDリリースです!

実は5/7からiTunes Store等の配信サイトでボーカル版のみ先行リリースしていたのですが、CD化のご要望がありましたので作ることにしました!

 

■ ダウンロード版・ストリーミング配信版もあるよ

 

「リゲル」single 配信

 

 価格:¥250

 ハイレゾ版:¥500

 ※販売サービスによる変動あり

 

 《配信期間》2018.05.7 〜 2019.05.6

 

下記のサイトより、対象のサービス一覧をご確認いただけます

Tunecore Japan

 

iTunes Store

Google Play Store

Amazon Music

Apple Music(ストリーミング配信)

Google Play Music(ストリーミング配信)

Spotify(ストリーミング配信)

LINE MUSIC(ストリーミング配信)

 

昨日更新したライブレポでもチラっと書きましたが、宮崎誠さんが2nd mini album『underblue』を聴いて伝えてくださったメッセージの中に「コニシさんは、多分生の声がとてもナチュラルで気持ちいい声なんだと思います。作品作りの時は、なるべくその感じを残すように心がけるとよいですよ」といった内容があって。「ちょっと抜けないメローな感じがとても良いキャラクターだと思います」とも……。

曲作りや編曲に関してコメントをいただくことには慣れているのですが(仕事柄)、自分の声のキャラクターについてのコメントをいただくときはいつも身構えてしまうんですよね。どうしていいのかわからなくて。でも、宮崎さんは確実に褒めてくださっていて、いただいた文面から気に入っていただけたことが伝わってきて、1週間くらい考えてようやく自分の中に落とし込むことができました。(宮崎さん、ありがとうございます!)

実は1st mini albumの『nona #』では、現実感をできるだけなくしたくて、曲に合わせて声のキャラクターも質もかなりライトな方向に調整していたんです(「脳内会議」「ドリーム・インサイダー」あたりを聴いていただけるとわかるかもしれません)。

 

そういうわけで今回の新作「リゲル」では、「自分の声のキャラクターを活かす」方向に調整してみました!

 

『underblue』の時にも少しだけお話しましたが、この調整は私にとってはめちゃくちゃ大きな挑戦なのです。私は自分の曲を「曲はいいけどコニシユカの声が嫌いだから聴かない」「他の人に歌わせればいいのに」と言われるのが本当に苦痛で、だからこそ今回のような声がメインになる調整はほとんどしてこなかったのですが、やってみると「いい」「リピートしてます」「購入しました」といった声をいただけて、勇気って出してみるもんだな……と思いました。素直に、素直に嬉しいです。ありがとうございます。

 

「リゲル」自体は1月の円山夜想でのライブが初演ですが、その時のキーだとどうしても音色が暗くて気分が落ち込んでしまったので、音源化に際して2キー上げにしてみました。カメラの露出を少しだけ上げたような、今まで見えなかった星々もキラキラと見えてきたような、そんなアレンジに仕上がったと思います。特に後半のパーカッションがお気に入りなのでぜひフルで聴いてください!

 

先日ジャケットデータを入稿しましたので、5/26の東京ワンマン4でお手にとっていただけると思います。

……焦りすぎてお急ぎ納期で重複入稿したのは内緒ね😌

コメント
コメントする