クロスオーバーセッションズ #1 出演レポ

2018.05.04 Friday

昨日は円山夜想(マルヤマノクターン)にて、クロスオーバーセッションズ #1 〜UnlieSky meets コニシユカ〜 という企画に出演して参りました! 共演はオープニングアクトのるっちゃんと、主催のUnlieSkyくんのお二人です!

 

 

セットリスト🌕5/3
1. starlily
2. リゲル
3. 赤い花
4. プラネットモビール
5. 狐の嫁入り

 

UnlieSkyピアノコラボ
1. 碧い鳥
2. 羊を数える

 

いやー! 楽しかった!


クラシックピアニストでありロックピアノ弾き語りシンガーソングライターのUnlieSkyくん。この企画は、そんな彼が他ジャンルのミュージシャンとのコラボを通して幅を広げていくというもの。その記念すべき第1回に私コニシユカがお呼ばれしてきました。

アンリーくんとは1月に同じ円山夜想でお会いして、その時に演奏を聴いて興味を持ってくださって。先日時計台で企画に呼んでいただいたDavid SweetLow氏にも同じ日にお会いしたので、不思議なご縁のいただける場所だなあとしみじみしておりました。

 

1曲目「starlily」は花の歌。タイトルの元になったアマリリスはそろそろ開花の時期ですね。アマリリスの花はユリみたいに、横向きで咲くんです(lilyはユリのこと)。その様子が、俯いた少女のシルエットのようだなと思って。
この機会にアマリリスの花言葉とギリシャ神話も調べてみてくださいね。アマリリスという名前の羊飼いの少女が出てきます。実のところその話は全く知らずに曲を書いたのですが、読んでいてまさにこれだ!と思ってしまいました。なんだか嬉しいな。

 

2曲目「リゲル」はオリオン座の一等星の曲。1月に同じ円山夜想にて初演した思い出深い曲です。気分でキーを変えて、いつもより2キー上げた状態で歌いました。3カポは内省的だけど、5カポはもうちょっとだけ露光量上がる感じ。目を凝らさなくても星の光が拾えるような。
この曲は今月、ピアノ版の音源をiTunesなどのストアにて配信予定です!(ジャケ作りました)楽しみにしていただけますと幸いです。

 

 

さて、ここからは制作中の美少女ADV『Pragma-プラグマ-』シリーズのお時間です!
どうしても2曲とも聴いていただきたいと思ってしまって、先月から毎回のようにセットリスト入りしているのですが…今回もバージョンアップしましたからね!

 

先日ボーカリスト様を募集したED主題歌「赤い花」が、

無事フルコーラスになりました〜!👏✨

 

というわけで、アコギ弾き語りver.はかなりダウナーな仕様でお届けいたしました。いかがでしたでしょうか!

プラネットモビール」はアコギver.だともはや別曲なので、こちらはこちらで大事に育てていきたい曲だなと思いました。

 

そして!

 

 

私の仮歌入り音源のダウンロードコードがついたプラグマ募金カードもたくさん旅立っていきました。ご協力ありがとうございます!

こちらの2曲は今年の夏にブラウザで公開予定のゲーム内で、公募にて選ばせていただいた素敵なボーカリスト様の歌唱バージョンが聴けるようになります(プレイは無料です)!
フルコーラスはiTunesなどのストアにて配信予定ですのでお楽しみにー!

 

美少女ADV『Pragma-プラグマ-』公式サイト

 

 

ラスト5曲目は「狐の嫁入り」。どんなセットリストであれ、この曲があるとなんとなくしまるな〜という感じです。自分が何者なのかを完全にリセットするような曲。この曲に関しても色々と水面下で準備中なのです。ある日突然ぴょこっとお知らせできるかもしれないので、ゆるゆる期待していてくださいますと幸いです。

 

さて!


ここからはお待ちかね、UnlieSkyくんとのピアノコラボ…!!
私の曲をUnlieSkyくんとセッションさせていただくという神企画……嬉しさしかないステージでした!

 

このドヤ顔である

 

1st mini album『nona #』の中で、アンリーくんが特別気に入ってくださった「碧い鳥」。この曲はこやまかすみちゃん、秋山シオちゃんら演者さんたちから大好き!と言っていただけることの多い曲で、コラボ演奏は数回目。とても嬉しいですね。コード難しくてごめんね。笑

 

セブンスコードなんて普段使わないよ!というアンリーくんに、セブンス以外弾いたら負けなゲームと言わんばかりの譜面を叩きつけた私。しかしアンリーくん、さすがの対応力と実直さ。原曲のピアノパートから印象的なフレーズを引っ張りつつ、ご自分のスキルと世界観をフルに発揮したアレンジをしてくださいました。私はいつも通りギターのピックストロークでの演奏でしたが、ピアノのリズムに煽られながらサビ頭も気持ちよく入ることができました。高音のピアノだけになるところも良かったですね。

 

ドヤ顔 Part.2

 

最後はまさかの「羊を数える」で締め!

ピアノとのコラボは初めて。夢の中を走り回る羊たちの群れ!最高のセッションでした。ラストはるっちゃんにも登壇してもらい、会場のみなさんと羊を数えて終わりました。楽しかったねー! とてもスッキリした気持ちでステージを降りることができました。

 

ここからは少しだけ共演の二人のお話を。

オープニングアクトを飾ってくださった、るっちゃん

お話するのは初めてだったのですが、昨年6月のここちあライブで「羊を数えるを一緒に歌った記憶がある」上「狐の嫁入りもどこかで聴いたことがある」とのことで…脈々と活動の跡が今に繋がっているんだなー!と実感した夜でした。

 


私は特に2番の歌詞でメダカというフレーズが出てきた曲がお気に入りで、そのことを伝えて曲名を聞くとなんと「メダカ」だったそうな! 最近どういうわけか寝ても覚めてもお魚のことばかり考えていたので(一昨日は機械魚の話を考えていました)、ちょうど引っかかったんでしょうね。また聴きたいなあ、メダカ。

 

一緒に撮った自撮りも宝物!また会いたい、と思いながら帰路につきました。キラリちゃんのハンカチでたくさんギター拭いてください

 

最後は主催のUnlieSkyくんの話!
彼のソロステージは、アップライトピアノで演奏するショパンの名曲「木枯らしのエチュード」から始まりました。私もクラシックピアノをかじっていたものですから、彼の演奏の中に現れる「この人が作者なのか?」と錯覚するほどのフレーズ解釈力にただただ脱帽でした。特に後半は「こういう音が出したいんだ」という意思のままに音を出している即興演奏に近い熱量があって(もちろん譜面通りの正確なタッチです)、今まで生で聴いたショパンの中で一番アガる!演奏でした。(クラシックにアガる!を求めるのがどうなのかという話は置いておいて)
後半はオリジナル曲4曲を携えての弾き語りステージ。私は「brighter」が好きかな!爽やかで! 演奏の様子が見えやすいようにとキーボードを使って弾いていらしたのだけど、きっと生ピアノのダイナミクスレンジが彼の曲には必要なんじゃないかなと思いました。ピアノの音もコンプをかけられることなく余さず聴いていたいですね。
お写真はガトーさん、しずおさん、るっちゃん、企画の羽山さんからいただきました!
ご来場のみなさま、そして共演のお二人、円山夜想スタッフのみなさま、素敵な夜をありがとうございました!

- - - - - 追伸

 

…実は!

 

このクロスオーバーセッションズ、

8/4(土)の第2回もわたくしコニシユカがお供させていただくことになりました!(またおまえかー!)


告知画像ができ次第、またお知らせさせていただきます! お楽しみに!!

 

 

まだまだ続くよGW!

明日もフライアーパークで強烈なライブがあるのでよろしゅう!

 

 

コメント
コメントする